ニフティが提供するIPv6サービスを紹介!IPv4との違いを教えます!

IPv4とは現在主流のインターネット通信規約。
ですが、こんな問題も…

IPv4の問題点

  • IPv6インターネットが見られない
  • 従来方式のPPPoE接続のため利用者が多く混雑する

IPv4の問題を解決するためニフティがおすすめする

IPv6サービスがこちら!

v6プラス

特長

  • IPv6インターネットが見られる
  • 新方式のIPoE接続だから快適にインターネットが利用できる

チェックポイント

※ 「v6 プラス」は、日本ネットワークイネイブラー株式会社の登録商標(または商標)です。

※固定IPサービス、@niftyフォンは同時利用できません。

IPv6接続オプション

特長

  • IPv6インターネットが見られる
  • IPv4は従来のPPPoE接続、IPv6は新方式のIPoE接続

チェックポイント

  • 「V6プラス」対応ルーターは、ルーターの設定変更で「V6プラス」にできる。

IPv6サービスご利用までの流れ

あなたに合ったご利用方法をチェック

ホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)をご利用したい方

※ホームゲートウェイをお持ちでない方は別途ルーターの申し込みが必須

「v6プラス」対応ルーターをご利用したい方

※ご利用開始後、ルーターの設定変更で「v6プラス」にできます

上記以外のルーターをご利用したい方

※「v6プラス」には変更できません

よくある質問

IPv6は必ず対応しなければいけないのですか?
現時点ではIPv4でも問題はありません。ただし、今後インターネット全体がIPv6に移行するにあたり対応が必要となります。
IPv4は今後は使わなくなるのですか?
いいえ、IPv6のご利用が始まっても、しばらくはこれまでと同じようにIPv4でインターネットを使い続けることができます。
IPv6を使うにはどうしたらいいですか?
ホームゲートウェイをお持ちの方は「v6プラス」、お持ちでない方は「IPv6接続オプション」をお申し込みください。
ホームゲートウェイがなくても「v6プラス」にできますか?
「v6プラス」対応ルーターをお持ちであれば可能です。IPv6接続オプションのご利用開始後、ルーターの設定を変更すれば「v6プラス」になります。
ホームゲートウェイはどこで手に入りますか?
ホームゲートウェイはご利用のサービスによりお申込先が異なります。
  • @nifty光ライフwithフレッツ⇒NTT東日本/NTT西日本
  • @nifty光⇒@nifty
  • @nifty withドコモ光⇒NTTドコモ
  • @nifty光プロバイダーコース⇒ご利用の回線事業者
「v6プラス」対応ブロードバンドルーターについて教えてください。
こちらでご確認ください。
「v6プラス」が開通しても利用できないサービスはありますか?
「固定IPサービス」「@niftyフォン」は同時利用できませんので事前にサービスの解除をお願いいたします。
また以下の条件に当てはまる場合もご利用できない場合があります。
  • 特定のプロトコル(PPTP、SCTP)をご利用するサービス
  • ご利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス
  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークではご利用できないサービス

例)以下のようなサービスがご利用いただけない場合があります。

  • 外出先から自宅のネットワークカメラにアクセスする
  • オンラインゲーム
  • ダイナミックDNS

最終更新日:2019年7月9日